FC2ブログ

メタルジグ、スプーン製作にかかるコスト・・・

こんにちは、Hくんです。

いつかは自分で製作をしたいですよね。
コストを色々調べてみました。
まずは大まかな工程は

型を作る
金属を溶かす
型に入れる
固めてバリ取り&研磨
塗装&コーティング

細かく言うともっとあるのでしょうがこのくらい。

まず型の問題ですよね。
一番いいのは金型。これはマシニングセンタなどで作られるためコストが高い。個人向きではない。
個人でたぶん一番使われている耐熱シリコン。これは安価である。そして使い勝手がいい。
作る物にもよると思うが5000円ほどでシリコンを用意できそう。

問題は自分で考えた形をどうやって成型するか。
手っ取り早いのは3Dプリンターで出力。今アマゾンで3Dプリンターも2万円位のため許容範囲ではあるが。
CADなどを使える人じゃないとできないためあまりお勧めできない。
じゃあどうする。やはり木を削る?硬化粘土でつくる?うーん。
どちらも左右対称に作るのは職人の技。ここは素人なので妥協しよう。
個人で使う分には市販の物を型とるのもありなのかな・・・

金属は何を使う?という問題が出てきます。
これは一般家庭でも溶かせる金属、有毒成分を含まない金属を前提にすると少々割高。
錘はほとんど鉛でできています。これを溶かして再加工することも可能(融点約330℃)ですが、
簡単には溶けません。それに鉛は有毒ですので注意が必要。
じゃぁ低融点金属はどうでしょう。
前提として有毒成分を含まないものになりますと鉛、カドミウムを含むものは除外。
そして融点200℃以下の合金を探します。200℃以下ですと市販のバーナーで溶けます。
これは普通に見つかります。好みがあると思いますので探してみてください。
大体1g=10円前後でしょう。
有毒成分を気にしない方は1g=5円前後でしょうか。

バリ取りや研磨はグラインダーもしくはサンダーで行けるでしょうが一般家庭にそんなものありません。
金属用のヤスリを使えばたぶん大丈夫。
安いものだと3千円くらいでグラインダーとか売ってるかも。リサイクルショップとかだともっと安いと思います。
後は研磨剤ですね。これはホームセンターに売ってます。安いです。

塗装です。
これはエアブラシもしくはスプレー缶でしょう。
スプレー缶は大まかにしか塗れない印象があるので無できましょう。
エアブラシはコンプレッサーが必要です。これはプラモデル塗装用とかの物がいいと思います。
調べたところアマゾンで約5000円でした。スプレーガン+コンプレッサーで。予想以上に安い。
塗料は好みがあると思いますので探してみましょう。そこまで値段はしないかな・・・
シールとかは釣具屋さんでもいろいろ売ってますね!
コーティング剤は個人で使うのであればどぶづけでいいんじゃないですかね。
釣具屋さんにコーティング剤はうってますよ!
ちなみにHくんのおすすめは車用のクリアスプレーです。
十分にコーティングの役割をしてくれますし、スプレータイプなので吊るして吹き付けるだけ。


結局いくらかかるの?という感じですが
初期投資で約2万円でしょうかね。
そこから材料調達や塗料ですね。
仮に40gのジグを作ろうと思ったら、500円くらいでしょうか。
材料にこだわりがなければ300円くらいかな。


ハンドメイドで作る、釣れる喜びを1度は味わってみたいですね。
時間とお金があるときにでも始めてみようと思っています。


やっぱ3Dプリンターほしいよなぁ。笑


※有毒成分と書かれていますがすべて自己責任でお願いいたします。自分で調べてみてね☆



長々と書きましたが読んでくれた方は暇つぶしくらいにはなったでしょうか。笑
最後までありがとうございました!
今週末はどこに行くか迷っているHくんでした!

Kくんから連絡がありました。元気そうです。
気合が戻ってきたそうですよ。笑

それではまた!



ランキングに乗りたい!1クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村

コメント

No title

はじめまして(^-^)
2年ほど前からハンドメイドでジグを作成しております。
私は型はバルサ、鋳型は耐熱シリコン、専用の硬質鉛、塗装はスプレーです(笑)
色々と細々した買い物は必要ですが、自作ルアーで釣れた時の達成感はプライスレスです(^-^)
3Dプリンタやカメオがあると更に幅が広がりますが、投資する余裕があるならエアブラシを用意すると塗装の楽しみが増えると思います。
正直スプレーは大変です ^-^;
是非チャレンジしてみてください!

長々と失礼いたしました

Re: No title

はるみち様
やはりハンドメイドジグは釣り人が行きつく先なのでしょうか。
もはや宿命にすら思えます。笑
単色で仕上げていくならスプレー缶でも十分ですよね。
エアブラシも今は安いので試してみたいですね!
一番懸念しているのは研磨したときの光沢感ですね、果たして合金できれいになるのか。
まぁ金属ですので心配はしていないのですが・・・

3Dプリンターもお手軽になってきました。
今後のやる気次第で購入も検討しています。

あとは初めの1歩をいつ踏み出すかです!笑


No title

順番に目の細かいサンドペーパーをかければキレイになりますよー(^-^)
よろしければお時間がある時に当方のブログも覗いてみてください。
数々の失敗を記録しております(笑)
将来的な第一歩のきっかけになれば幸いです。

Re: No title

サンドペーパーでいけるんですね!
ならグラインダーは必要なさそう!
参考にさせていただきます!ありがとうございます!
非公開コメント